最近人気の御朱印帳とその使い方

正しい御朱印帳の使い方を知ろう

何のために御朱印をもらうのか

それぞれの神社に、御朱印があります。
御朱印帳を持っていれば、それに御朱印を記入してもらうことができます。
いろんな神社に行って、御朱印をもらうことがちょっとしたブームになっています。
様々なデザインの御朱印帳があるので、自分の好きなものを選択してください。
女性からの人気が高いので、華やかでかわいらしいものが多いです。
神社に関係するものなので、とても大切に扱ってください。
壊したり、汚したりしないように注意しましょう。

御朱印の記入を依頼する際は、丁寧に依頼してください。
また時間が掛かるので、焦らないでゆっくり待っていましょう。
どのくらいで御朱印を書き終えるのか、前もって伝えられます。
30分程度末場合は、その間神社の中を見学していましょう。
人気が高い神社の場合は、御朱印を書いてもらうのに1か月以上の時間が必要になる場合があります。
その際は御朱印を、預けることになります。

御朱印をなくさないように、名前や住所などを書いておきましょう。
表紙の裏に、筆で書くのが一般的です。
自分で書けない場合は、御朱印を書いてもらう時に、名前や住所も一緒に書いてもらってください。
しかしどこの神社でも、名前を書いてくれるわけではありません。
もしできないと言われた場合は、諦めてください。
また御朱印をもらうためには、お金が必要になります。
500円程度で済むので、小銭を用意しておきましょう。
小銭を用意していれば、会計がスムーズです。

おすすめリンク

念仏宗が伝える四恩とは

念仏宗が伝える仏教の四恩という考えはどんなものなのでしょうか?そこにはブッダの智慧と想いありました

これからの趣味にしよう

その神社に行かないと、御朱印をもらうことはできません。 訪れたという証を入手するため、御朱印を書いてもらいます。 気に入った御朱印帳があれば、神社に行くのが楽しくなります。 御朱印帳は、とてもありがたいものです。 いつも大切に扱うことを、心がけてください。

書く時間を聞いておこう

丁寧に、御朱印を書きます。 ですから欲しいと言って、すぐもらえるわけではありません。 また1日に何人もの御朱印を記入します。 人気が高いところは、順番待ちになると覚えておきましょう。 事前に御朱印を書き終わるまで、どのくらいの時間がかかるのか聞いておきましょう。

失くさないよう注意しよう

御朱印帳に名前を書くことは、義務ではありません。 ですが名前を書いていないと、御朱印帳を落とした時に困ります。 万が一落としてもわかるよう、名前を書くことをおすすめします。 また、御朱印をもらう際は料金が掛かります。 事前にいくら支払うのか、調べておきましょう。